産業医のお仕事って?どこで何をしているのか

職場の環境を守るため

産業医は、働いている人の健康を守るために仕事をしています。具体的には健康診断や相談などを受け付けているので、働いていて気になることがあるなら、相談してみましょう。体のことだけでなく、気持ち的にあまり状態が良くないという場合であっても相談することができます。大規模な会社であれば必ず必要となってくる産業医は、ある程度の中小会社には存在しています。聞いたことがない人も一度職場の担当に問い合わせてみれば分かるでしょう。もちろん毎年の健康診断なども産業医が請け負っていることが多く、職場の人間の健康状態を一番把握している存在です。ちょっとしたことでも利用できます。ちょっとした健康に関するアドバイスなどもしてくれるので、活用していきましょう。

産業医ができることは

それでは産業医に相談すれば、適切な治療や診断をしてくれるのかと言えばそうではありません。産業医はあくまでもその人が労働できる状態であるかを判断するのが仕事なので、治療などは専門の医師に任せることになるのです。もしも産業医に相談してクリニックに行った方が良いとなれば、医者に相談しに行くことになります。ストレスなどの問題で病院に行った方が良いケースも増えているので、まずは産業医のチェックを受けるのも最適な方法です。相談するだけなら特に何も起こりませんし、仕事に支障もありません。産業医はたくさんの人を見ていろいろなパターンやケースを見てきているので、適切な判断をしてくれることも魅力と言えるでしょう。

産業医の募集が増加しており、現在では多くの企業が募集しています。メンタル面でのケアを出来るような人材が求められています。