こんな職種がある!英語を使う仕事について

ビジネス英語が苦手でも活躍できる職種

英語で仕事をしたいなら、まず自分がどのような職種で英語を活かしたいのか具体的に考えてみましょう。それなりに英語で話すことができるけれど、ビジネス向けの英語には自身がないという方は、外国からの観光客が多く訪れるテーマーパークや観光施設のスタッフがあります。海外からの顧客に施設を案内したり、質問に答えたりする仕事です。ビジネス英語もそれなりに活用できるならば、現地法人が海外にある企業を調べてみましょう。また、海外からのビジネスマンが訪れるホテルのスタッフもおすすめです。英語で資料を作成したり文書を書きたいならば、海外の企業と文書でやりとりする事務がぴったりです。輸出する場合はクライアントからの要望にしたがって見積書を作ったり、輸入では仕様書と見積書を確認したりする仕事です。フォーマットが用意されていることが多いので、言い回しやつづりに注意して、ミスを減らしていく力が必要になります。

ビジネス英語を使いこなせるなら

日常会話やビジネス向けの英語も使いこなせる方は打ち合わせや商談、交渉を英語で行う海外営業を検討してみましょう。ネイティブに近い英語力があるならば、通訳や翻訳でも活躍できます。商品を海外から買い付ける貿易事務でも、現場では翻訳などで英語力が必要です。自分にはどんな英語を使う仕事が向いているのか考えながら、検討することをおすすめします。また、英語と無縁だと思っていた国内の企業でも英語が重宝されることがあるので需要と供給を見極めることも大事です。

英語の転職を希望しているなら、転職エージェントに登録して、外資系企業の求人を紹介してもらう方法が有効です。英語に関する資格を取得しているなら、積極的にアピールします。