運転手の求人を見る時に知っておきたい基礎知識

休憩時間を確認しておく

運転手の求人は、たいていの求人雑誌に掲載されています。トラックの運転手からタクシーの運転手、バスの運転手まで様々です。この中で普通免許でできるのはトラックの運転手です。求人を見たときに、給料を一番に見る人がいますが、確かに給料も重要です。ですが、休憩時間がどのようになっているかを確認しておくことが大事です。いくら給料がよくても、まったく休憩がない状態だと集中力がなくなり事故を起こしてしまう可能性があるからです。

休憩の有無を確認するのは求人だけでなく、実際にそこに勤めていた人の口コミで評判などを見てみることが大事です。転職サイトなどに、実際にその会社に勤めていた人の体験談が載っています。社員が10人ほどしかいないようなある程度小さな会社であっても、口コミが載っていることが多いです。

第二種免許証を持っていなくても就職できる

ドライバーの中でも、人間を運ぶバスの運転手やタクシー運転手になる場合は、普通の運転免許証だけでは足りません。第二種の運転免許証が必要になります。過去にバスの運転手やタクシー運転手をしていた人であれば、転職をする時にすでに二種免許を持っているため、わざわざ転職や就職前に免許証をとりに行く必要がありません。

ですが、まだ第二種運転免許証を所有していない人は、転職や就職をする前に免許を取得した方が有利になります。ただし、必ず第二種の免許証を持っていないと就職あるいは転職できないわけではありません。最近は、働き始めてから免許証を取りやすいように会社の方で免許取得の資金を一部支援してくれる制度などもありますので、積極的に利用してみましょう。

ドライバーの求人の応募条件として、免許を取得してからの実務経験や違反歴などが問われることがあります。