夏休みのアルバイトでおすすめは?手当てをもらって稼ぐ方法

手当てがもらえるアルバイト

ボーナスや住宅手当などは、正社員のみがもらえると考えている人もいますが、実はアルバイトでももらえることがあります。しかし、ボーナスなどがもらえるアルバイトというのはかなり特殊な部類に入るでしょう。アルバイトの人が手当てをもらって稼ごうと思ったら、残業手当や深夜手当てなどを狙っていくことになると思われます。

残業手当も深夜手当ても法律上は25%と設定されていますが、それはあくまで下限なので、仕事によっては50%くらいの残業手当てがもらえることもあります。

夏休みは夜に働きやすい?

暑い夏には、野外のアルバイトをすると汗だくになってしまいます。夏休みの学生バイトとしては、夜のお仕事が比較的人気があるようです。花火大会などのイベントが多い季節なので、警備員のお仕事などはおすすめができます。イベントを体験しながら給料ももらえるので、一石二鳥です。もちろん、仕事はしっかりとこなす必要があります。夏でも夜は比較的涼しいので、野外の仕事ではむしろ夜のほうが働きやすいという意見は多いです。さらに、22時を過ぎれば深夜手当てももらえるので、がっつり稼ぐことができます。

必ずしも朝帰りになるとは限らない

夜勤の仕事と聞くと、朝の5時くらいまで働かなくてはならないというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、アルバイトのお仕事では夕方から仕事が始まり、深夜の1時くらいには帰れるという仕事などもそれなりに存在しています。電車の人は終電がなくなるという問題がありますが、自宅から自転車などで通勤できる範囲内なら、そういった仕事も選択肢に入れてみましょう。

リゾートバイトとは、人気の観光地などで主に住み込みでアルバイトをすることです。短期間でたくさん稼げるのが魅力です。