これだけは押さえておこう!就職活動での面接の心構え

求められることを把握しよう

就職活動で最も難しいのが、面接での対応です。以前はマニュアルによって対応することもできましたが、今ではありきたりな受け応えでは通用しません。かといって一方的に自分のアピールだけ行っても、あまり効果は期待できません。大切なことは、相手の会社がどのような人材を必要としているのかということです。それを的確に把握した上で、どのようなアピールをすべきかを考える必要があります。

即戦力を必要とする会社への対応

とにかくすぐに業績につながる人材が欲しいという会社に対しては、自分が持つスキルや経験がいかに役に立つのかをアピールすることが大切です。そのためにはこれまでの経験からどんなことを学んだのか、その結果どんな活躍ができるのかを具合的に示す必要があります。

成長力を期待する会社への対応

会社の業務によっては、特殊なものであるために経験者はあまり期待できないというところがあります。そのような会社では、仕事を覚えるのが早い、いわゆる成長力が高い人材を必要としています。そこでアピールするのは、これまでどのように業務から学びを得てきたのかということです。観察力と洞察力、さらに課題発見と解決能力というものが問われます。それを備えていることを、過去の経験から示すことが必要です。

会社の理念に共感できる人材を求める会社への対応

会社は働くスタッフに対して、会社の理念に基づいた言動を望む場合があります。これは会社のブランディングにつながるためですが、誰が対応しても同じようなサービスを提供できるようにするのが理由です。そこで面接では、その会社の理念にどのように共感を覚えるのかをアピールする必要があります。

ハローワークは公共の職業紹介施設として、既卒者だけでなく、新卒紹介としての職業紹介も実施しています。