働くママ必見!仕事と子育てを両立するための働き方

子育てと仕事は難しい?

女性の社会進出が増えた今でも子育てと仕事の両立はいうのはなかなか難しいことで、世間でも大変だというマイナスイメージがあります。子育てと仕事で悩むのは男性ではなくほとんどが女性です。母親が仕事を持つことは簡単なことでないのは事実ですが、働き方によっては出来なくはないことです。そこで育児をしながら自分らしく働くために3つのタイプ別にわけてその方法をご紹介します。

3つに分けたタイプ別の方法とは?

1つ目は仕事寄りね仕事大好きの「バリバリキャリアウーマン」タイプです。仕事を中途半端にすることが最もストレスを感じるので、子どものために我慢をせずに、仕事を思いきりした方が子どもにも優しくできます。なので家でも遠慮なく仕事させてもらいましょう。2つ目は、「仕事も子育てもどちらも」タイプは、正社員としての責任は果たしたい方だと思います。急な早退やお休みでも対応できるように、自分の机の上の資料はできる限りわかりやすく整理しておき、自分がいなくても周りが困らないように電話やメールで連絡出来るようにしておきましょう。また、自分がしている仕事の資料などのコピーは自宅に置いておくとことも大事です。3つ目の「子育て重視の時間給で働く」タイプは、職場の人間関係を大切にしておきましょう。特にシフト制ですと急な欠勤は周りに迷惑を掛けます。周りと上手くミュニケーションを取っておくと急なお休みにも交換してくれたりなど対応しやすくなります。以上3つのタイプの方法ご紹介しましたが、一人だけで頑張らずに周りや地域の子育てサポートに頼るなどの方法もとり、自分らしく働ける環境を見つけることが一番大切なことです。

老人介護や障害者介護のお仕事は、あまり給料はよくないけど、人と人とのつながりがあり、お仕事は、結構大変だけど、いろいろな先輩や高齢者のかたがたと、お話ができてとても主婦のパートになります