介護施設によって変わる仕事内容と勤務体制

介護施設にはどのようなものがあるのか

介護を必要としている高齢者の数は年々増加しており、介護業界が提供しているサービスを必要としている人の数も同時に増加傾向にあります。全国各地に介護施設が建てられており、介護の現場で働きたいという人もたくさんいます。しかし一言で介護施設言っても、施設によって提供しているサービス内容は異なります。介護施設には、入居型介護施設と通所型介護施設があり、入居型介護施設の代表的なものが特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・グループホーム、通所型介護施設の代表的なものがデイサービスになります。入居型介護施設の中でも特別養護老人ホームは24時間体制で介護サービスを提供し長期入所される高齢者が多く、一方介護老人保健施設では医療ケアやリハビリテーションが充実しており短期入所の高齢者が多いことが特徴です。

提供するサービスによって変化する仕事内容と勤務体制

例えば入居型介護施設の場合、介護施設が高齢者の生活の場となり、介護施設の稼働時間は24時間体制になります。そのため常に現場に介護スタッフがいることになり、勤務体制に夜勤勤務も入って来ます。また、ADLが自立していない高齢者が多く利用する特別養護老人ホームでは身体介護サービスの提供がメインとなり、一方鎮致傷の高齢者を対象としたグループホームでは認知症に精通した介護スタッフが勤務することになります。このように高齢者の状態に合わせて各介護施設で提供しているサービス内容は異なるので、介護の現場で働く際は自分がどのような仕事をしたいのか、どのような勤務体制で働きたいのかを事前に決めておく必要があります。

介護の求人の条件にこだわりたいときには、仕事に役立つ資格を取得したり、実務経験を積んだりすることが有効です。